PATM(パトム) 体臭の原因 体臭ユーザーとのやりとり

【体臭の元!ストレスを減らす考え方】ユーザーさんとのやり取り例6

2017年12月29日

ストレスを減らせば体臭も減る

コレの公開は新年か?

これを書いている時点では、まだ2017年です。けれど、コレが公開され、皆様に読んで頂けている「今」は、多分、2018年でしょうね。ブログって不思議ですよね。こうやって「過去の私」と「あなたの未来」がつながっている…

化学(バケガク)の専門家と思われているようですが、実は私、物理学も大好き。特に理論物理学や宇宙論、時間論などを独学で勉強しています。現在は、主にグレッグ・イーガンやポール・ウイルソン、ダン・シモンズやスティーブン・バクスター等の面々に師事しています

…つまり、SF小説ってこと。なぁんだ、って言わない! 20代・30代の頃はまじめにホーキングの時間順序保護説とか、量子の振る舞いや、少しひねって不完全性定理とか勉強したもんです。まあ、これは哲学って言っちゃえばそうなんですが… それらは今の仕事には全く役に立ちませんけどね。

けれど、ブログを書いて、誰かが読むって、ある種、タイムマシーンですよね、不思議…

さて、本題です。いつもの通り、赤文字が私の回答です。

 

若い男性からの質問

焦げたニオイはワキガ臭?

お世話になります。体臭検査結果が届きました。
ありがとうございました。いくつか質問させてください。

自分で腋臭だと感じる時は、鉛筆の芯と生臭いときです。基本的には、生臭く、肉を食べたりすると鉛筆の芯のに良いがよくするように感じます。脇からは通常このにおいを感じます。ストレス、食事(食べ物にかかわらず)をすると体全体のにおいが増すように感じます。そのうち、焦げたにおいも感じるのですが、鉛筆の芯と焦げたにおいの区別がわかりずらいです。
原因は別ものなのでしょか?焦げたにおいは腋臭ではないのでしょうか?

鉛筆の芯のニオイは、よくあるワキガ臭のひとつのタイプです。ワキガ臭としてだけ出ます。もともとヒドロキシ系アルデヒドが原因だと思っていたのですが、それと共に、鉱物油臭物質の分泌が多い方のワキガ臭にも多くあるので、それも大きな原因なのではないか、と考えています。アナタのケースでも、鉱物油臭が多く、また、XXXXXXXも関連しているはずです。今回の検体では生臭さを感じませんでしたが、それもワキガ臭のうちのよくあるタイプですね。普通は窒素系物質が関連しています。

食事をすると臭いが強くなるのは、様々な原因があるのですが、例えば、アブラナ科の野菜を食べると、野菜に含まれている硫黄系物質がワキガ臭を強めます。キャベツ・白菜・ブロッコリーなどです。ネギ類も同じくワキガ臭に影響を与えます。にんにくもそうですね。
但し、そういう消化器系からの食物臭は、食後6時間から8時間で発散量がガクッと減ります。それにたくさん食べないと、発露しないのが普通です。
それとは別に食事で体温が上がると、衣類や体表に付着した臭気物質が一気に揮発して、クサイと感じるようになります。これは衣類や肌を出来るだけ無臭化することによって防ぐことが出来ます。

ストレスの場合は、内分泌バランスが崩れて、アルカリ性の強い、過酸化脂質を多く含んだ汗が出ます。それ自体が臭う場合が多いです。気にすると猶更ストレス汗が出るので、焦らず、汗をしっかりふき取ることで対処しましょう。

焦げたニオイは、鉛筆の芯とは全然違うタイプです。そしてデータシートに書かれているように、脇の下からだけ発露しているわけではありません。胸、首周り、背中ですね。これはワキガ臭ではなく、PATMの症状です。また、データシートを見ればわかる通り、検査用Tシャツでは脇の下からだけ感応しているのに対して、私物ではあちこちで感応しています。私物にたくさん蓄積している証拠です。まずは衣類の消臭ケアをしっかり行ってみてください。

 

ストレスによって違った物質が出てくる?

データをみると検出量が比較的多いと思いますが、この中に臭気をだす物質もあるのでしょうか?
というのも、極度のストレスを受けた時、なんとも表現しずらい、(とげとげ、ちくちく)した臭いや口臭もひどくなります。こう言った物質が出ているという可能性はありますか?

シリコン物質などですが、炭化水素もあります。殆どが洗剤成分等ですが、問題があるものもあります。例えば、10041の物質ですが、XXXXXXという炭化水素です。PATM物質として体内から分泌される可能性も無くはないのですが、このような量だと多分、消臭剤や洗剤からの付着だと考えられます。ちなみに、ニオイは殆どない程度の油臭で、揮発感、つまり煙たい感じがあります。下の方に「オーラ」のようにと書かれていますが、それこそPATMに悩む方がよく口にするものです。これらは石油系由来の炭化水素やシリコン系物質が漂う感じです。
そういうものを全て排除して暮らす事は、現代日本では無理な話です。まずは、衣類と肌から完全除去する努力をしてください。マニュアル通りです。
ストレスとPATMの関係性は、内分泌系物質なら、悪い物質が生成される体内状況が出来てしまう、ということになりますし、炭化水素系物質なら前述した揮発の問題だと思います。
ストレスで悪い側のホルモンが分泌されると、それらの影響で口臭が出たりするのは、誰もが経験することです。ストレスを避ける事、ストレスとうまく付き合う事を考えて行かなければいけませんね。

 

場所や湿度・温度でニオイは変わるの?

自分からいろいろな臭いを感じます。それは、特定の場所にいくとこのにおい、と、場所によって変わることがおおいです。私からでている臭気とその場所についた臭い、または、(湿度、温度)で臭いが変わるということになりますか?

人間には順応という機能があり、なかなか自分の体臭は分からないのですが、それでも、体臭は様々な物質の混合臭です。いつも同じニオイではありません。体の部分それぞれでも違います。そして、その時々の分泌量で揮発する順番なり混合率なりが変われば、ニオイは変わります。
そういう事情はありますが、けれども、そういう精神状態は感心しません。しっかりケアをして「これだけやっているのだから、大丈夫」と自分に言い聞かせて、自分のニオイを探したりしないようにしましょう。上記の通り、ストレスでニオイが発散します。体臭に悩む人の一番のストレスは「臭くないかな?」と悩むことです。

 

PRTMについて

ブログも拝見しましたが、症状はよく似ています。ただ、原因物質が違うように思いますが......。

体臭検査を始めて、まだ2年弱です。毎月50人から70人のユーザーさんが増えていく過程の中で、ブログに書いた当初と、状況が変わってきています。特に原因物質はそうです。10人程度同じ物質が出てきたら、それの試薬を買って、性質やニオイ、刺激感などを調べて、前のデータに足していきます。どこかのブログでは数種類しかPATM物質と言ってないけれど、いまでは既に20種近い物質が、ユーザーさんの体表から発散し、第三者の反応を促すだろうと考え、リストに入れています。

 

市販の消臭スプレーが効かない

建物の入り口などを出るときに、モワッと臭いがします。この辺のにおいは内分泌だと思いますので、今のところ消すことはできないかもしませんが、消臭スプレーなので排除することはできませんか?ブログでみた、消臭スプレーなどは作ってもらえませんか。
車や部屋の臭いもけすことができません。(消臭スプレーしても復活します。)

アナタにお渡しした洗剤は、アナタの体臭物質だけに合わせたものです。それで、身の回り品のうち、洗えるものを全て洗ってください。寝具やタオル類に限らず、カーテンや足ふきマットなどもです。それから空気の入れ替えを存分にしてみてください。
車も、とりあえず、スプレー洗剤を噴霧して、10~15分ほど放置して、その後、水雑巾で良く拭きとって、それから乾拭きします。多分、ニオイが無くなります。但し、布製品の部分は、よく水でふき取らないと、後から黄ばむので注意して下さい。

消臭スプレーって、XXXXXXとかの事をいっているのだと思いますが、市販品は、ただのニオイの付いた水という程度のモノもあります。ニオイ物質を分解するわけでも消すわけでもないので、復活して当たり前です。

けれど、私の作る消臭剤も、基本的には、消臭した後の残存物を洗い流してもらいたいです。だから、例えば日中に衣類に吹きかけて、返ってきたら洗濯して頂く、というものです。消臭剤では、例え臭気物質を壊すことが出来ても洗い流さなければ、残存物が出ます。それが後でどうなるかは、状況によります。
あと、洗剤のようにスグに洗い流す前提ではないので、超強力に作ることが出来ず、洗剤より効果は弱いです。

それでも宜しければ、アナタの分泌物に合わせておつくりします。洗剤と同じ量(400cc)で、XXXX円(税別)です。でもその前に、まずは洗剤で身の回りをしっかり洗ってみてください。

 

体臭ケアについて

いろいろな消臭ケア商品を試しました。
今使っていたのは、
・XXXというメーカーのボディーソープ、クリームです。
・XXXXXXX
・過敏性腸症候群だとおもわれるので、そのあたりのサプリメントなど。

ここまでのアイテムについてはお返事のしようがないです。

昔は、XXXXX、XXXXX、XXXXXXも試してみましたがけっきょく効果があるのかどうかも良くわかりませんでした。

上記のモノは、それぞれ意味のある事であり、私の改善プログラムにも入っている場合もあります。データシートにも書きましたが、体質改善は続けないと意味がありません。最低6か月続けて、効果測定してみましょう。

今後、体表的なケアとして石鹸以外にどのようなものを使用すればよいでしょうか?
間違ったデオドラントの使い方をしてしまってないでしょうか?脇に塗ったときは、比較的効果を感じるのですが、それ以外は、効果なし、または、悪化しているようにも思えます。

アナタのワキガ臭については、「XXXXXXXX」という成分が0.1%入っているものが効果的だと思います。それが配合されているものを選びましょう。また制汗剤は臭いを取るわけではなく、特にスプレー製品は揮発成分が沢山入っていて、PATMを悪化させる場合もあります。避けましょう。

 

ストレスに対する対策方法を教えてほしい

食事、ストレスを感じた時は、特にひどいです。周りで咳き込まれて、集中ができず。バイタリティーもどんどんなくなり、負のスパイラルになる一方です。どうにか対策をしたいと思っています。

前述したように、体臭の事で悩むことこそ、体臭に一番悪いことです。まだ第1段階アドバイスの段階ですが、まずは提案させて頂いたことにしっかり取り組んで頂き、これも前述しましたが「これだけやっているんだから、大丈夫!」と考えられる環境に自分を置くことです。頑張っていきましょう!

 

今回の分は、質問して頂いた内容も多かったですし、それぞれ説明も長くなっています。読むのに疲れました? こんな感じでやり取りをしていた彼は、今も頑張って、少しずつ前進しているようです。特にPATMは、先の見えない悩みとなる場合が多く、私の指導も、誰が同じようにやっても同じ効果が出るという確証が得られている、というところまでは完成していません。それでも劇的に改善している方も大勢いらっしゃるので、まずはご相談ください。

その他のPATMの具体的な改善対策事例については別記事で書いていますでこちらもご参考下さい。

-PATM(パトム), 体臭の原因, 体臭ユーザーとのやりとり

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2020 All Rights Reserved.