PATM(パトム)

パトムの正体⁉刺激感物質の検出頻度の詳細【プレスリリース】

PATMの正体「刺激感物質」の検出頻度

今回は、鼻啜りや咳き込み等の第三者反応は刺激感物質の発露・揮発が原因かもしれない!? 【1500件の体臭検査で分かった日本人の体臭傾向と改善策第8弾】というニュースを今週プレスリリースの形で発表した関係で、それについての補足を緊急でブログアップします。

鼻啜りや咳き込み等の第三者反応は刺激感物質の発露・揮発が原因かもしれない!?【1500件の体臭検査で分かった日本人の体臭傾向と改善策第8弾】

リリース元:Dream News

自身の認識と検査結果の相違

その前のプレスリリースがパトムの自己認識率だったのですが、当然、その両方には関連があります。但し、イコールではありません。自分自身の悩みがパトムに起因していると考えているユーザーさんから、必ずしもパトムの原因となり得る物質の検出があったり、実際に着衣から刺激感を感じたりするわけではない、という事です。

逆にパトムという言葉を知らず、鼻啜りや咳込みなどの第三者反応が、自身の体臭、例えば、ワキガ臭等の「ニオイ」に対しての反応だと思っていたユーザーさんの検体からトルエンや2-エチルヘキサノール、その他の刺激感物質が検出され、尚且つ、私物や検査用Tシャツを感応検査した時に、刺激感を感じたり鼻水が出たり、のどがイガイガしたり、と言った身体的反応を感じるケースも多いです。

そういう場合は、やはり、それらの刺激感が周りの反応を促しているのだな、と結論付けますし、ユーザーさんにもそのようにお伝えしています。

男性の方が、少しだけ該当者が多い

今回精査したところ、検査ユーザー1500人のうち33.9%に当たる509人(男性223人、女性286人)の着衣から刺激感を感じ、尚且つ、刺激感物質の検出があったことが判明しました。下図は男女別の該当者の比率です。

僅かながら男性の該当比率の方が女性を上回っています。まだまだ分からないことだらけのパトムの実態ですが、一つ、この比率に関係していると私が考えていることがあります。それは女性の体臭検査ユーザーは周りの反応よりも自身で感じる「ニオイ」を問題視して検査に至るケースが多いことです。

対して男性の場合は周りからの指摘や言葉から体臭検査受験に至っている、という事です。これらの指摘には周りの身体的反応も含まれています。そう思うのは依頼表の記述に書かれている内容が男女間に於いて差異がある、という私の印象に起因しています。

つまりは男性の場合、周りの反応が無い時は、あまり体臭について悩んだりしない、ということが、男性ユーザーの中のパトムの方の比率を押し上げているのではないかな、という私の予測です。分かりにくいかな? つまり男性は自分で臭いと思ってもあまり気にしない人も多いため、周りの反応が目に余ってから体臭検査に除く人が多いため、必然的に全体量として女性の方が多くなり、男性の方がパトム的な状態になっている人の比率が高くなってしまう、という予測です。

もちろん、将来的には誰か他の研究者のおかげで、どちらかというと男性での発現率が高いという調査結果が出るかもしれませんし、また男女1500件ずつの検査データが集まれば、この差異の答えも明確になるかも知れません。けれど、今の段階では何とも言えません。
どちらにしても、現代日本に於いて体臭に悩む人のうち、3割程度はパトム的な原因を抱えている、と言えるようです。

やはり、10代男性での該当者率が高い…

下のグラフの通り、各年代層で多くの該当者が見受けられますが、検査対象人数の少ない60代男女を除いて特に目に付くのは、10代男性、つまり男子学童での該当者の比率が高いモノになっていることです。

前回のプレスリリースの時に調査した自己認識率についても10代男性が55.8%(43人中24人)と非常に高かったのですが、実際に刺激感物質発露についても10代男性が突出していると言えそうです。

10代男性と言えば、代謝がよく、良くものを食べ、運動し、と言った、昔で言えば、いわゆる汗臭はあって当たり前、というグループなのですが、やはり現代的な食べ物の問題もあるのかも知れませんね。ずっとブログでも書いていますし、個別指導をするときには、時には口を酸っぱくして「日本人には日本食が一番合っていて、それは体臭にも影響します」と言っていますが、男子学童ではファーストフードやコンビニで買えるような手軽な食事やジャンクフードなどが影響しているのでしょうか? それも否定できないと思います。

また、プレスリリース本文でも書きましたが、男子学童が体臭のことを家族に相談した時に、家族に「気のせい」と言われてしまう率が高いと思えます。「男の子はクサいくらい当たり前」と考えているお母様も多いでしょうが、自分のせいで周りが迷惑している、と考える若い世代の子たちは本当に多いです。
それが、気のせいであれ、本当に体臭問題がある場合であれ、あまり軽く考えないでほしいと思います。センシティブな年代ですし、実際に気の優しいユーザーさんが多いことを鑑みると、頼れるはずの親御さんが無関心で居ては困ります。

あと、これもプレスリリースで書きましたが、衣類の蓄積臭を減らす事で、少なくとも周りの反応を減らす事は、すぐに出来ます。それもご指導しますので、まずは私に相談してください。

過去のプレスリリースはコチラ

PATM検査ページはコチラ

-PATM(パトム)
-, , , ,

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2020 All Rights Reserved.