体臭博士への道のり

体臭クリーニングの「体臭検査」は特許出願中です!

投稿日:

体臭検査の特許

ビジネス特許とは?

ラーメン「一蘭」って、知っています? 若い頃ならいざ知らず、もうラーメンなる食べ物を遠ざけて、何年経つのだろう、という私は、どんなタイプのラーメンかということは知りませんが、その「一蘭」のニュースがありましたので、その件を。

「一蘭」のパクリ店がタイで大ブームになっているらしい。その「パクリ要素」の中でも問題になっているのが「味集中カウンター」の特許侵害だという話です。

一蘭ではカウンターが一人分ずつ板で仕切られていて、周りを気にせずラーメンを味わうことが出来るとの事。そして、この「味集中カウンター」で特許を取得しているらしい。いや、そういうラーメン屋って、他に無いんですかね。記事中では、その件についての弁護士さんの意見が様々書かれています。

私も申請中の特許がいくつかあって、「特許プラットフォーム」は行きなれたサイトの一つ。自分で申請書類を見れば、ハッキリするんだけれど、まずは、記事の内容を精査してみると…

「一蘭の持っている特許は、有名な「秘伝のたれ」に関するモノではなく、店舗のシステムに関するモノです。一蘭の特許はタイでは登録されていないようです。」

特許は国ごとに保護されるモノで、日本で登録されていてもたいで登録されない限り、保護されない。ちなみに私も日本国内だけでの申請です。海外特許には、とんでもない費用が掛かり、例えば、アメリカで特許登録できても中国ではパクリ自由となる。

ああ、なるほど。店舗システム全体を特許で保護したいという訳ね。つまりビジネス特許っという訳。何かの「仕組み」で特許を取得しようとすると、なかなかにハードルが高い。普通は仕組みそのものは「発明」とは見做されず、何か「発明品」を中に組み込むのが常套手段。私の特許もそんな感じ。

また

「特許権を侵害しているかどうかは対象となる特許権で保護されている範囲が重要です。特許出願の際に添付した特許請求の範囲を基準に定められる」

とのこと。私も特許請求の範囲1から特許請求の範囲9まで、だんだんに核心に絞っていった覚えがあります。

さて、一蘭の特許は「店舗システム」の中に「味集中カウンター」の他に「入退店を検知するセンサ」や「連絡スイッチ」、店側機器では「座性情報入力スイッチ」や「客席情報出力器」、更にはそれらの連動まで、今回のタイのラーメン屋さんの「味集中カウンター」パクリとは関係のない部分までも含まれているそうです。

件の弁護士さんは

「特許請求に記載されている要素が全て利用されていなければ特許侵害とはならず、いくらパクリとしか思えない要素が目についてもそれだけで特許侵害に当たるとは言えない。店舗システム全体について検討する必要がある。」

とのこと。

体臭検査の特許は

さて、「体臭検査」は、特許申請中です。何が特許かというと… まあ、様々あるのですが、特許を申請してでも守りたかったのは、「ユーザーさんに着ていただいた衣類から、体臭の状態を判断する」ということです。つまり、「体臭検査」の仕組みそのもの。

体臭とは、内分泌された臭気物質が体表から発散され、それが第三者に感知されて、そこで初めて「体臭」と認識される。だから着衣に付着した臭気物質の採取が「体臭検査」の要です。24時間以上着用して頂いて、そこに付着している臭気物質を機械分析して、ユーザーさんの体臭の本質を知るということが根本。

私の「体臭検査」の方法論は、前述の一覧の店舗システムでの特許申請と同じ類の、全体像としての「仕組みの特許」です。一蘭で言うところの「味集中カウンター」に当たるところが「検査用Tシャツ及び私物の回収」であるわけです。つまりは、「こちらから提供する専用Tシャツであろうが私物であろうが、臭気物質が付着した衣類を検査目的で回収する」というところだけを抜き出してパクっても、直ちに特許侵害には当たらない可能性があるということを、この記事は書いているわけです。

確かに、この記事を見る限り、私の行っている形態を永続的に独占することは難しいかも知れません。けれど、この「仕組み」をパクることが出来ても、「アナタの体臭がどういうタイプであり、それが任意の、そして大多数の第三者はどのように感じるか」ということを明確に提示し、「第三者に対しての印象を変えるためにどんなことが必要なのか」を明確に提示できるのは、日本で当社だけです。

今は全くありませんが、いずれ劣悪な同業者が出てくるかもしれません。その前に「体臭の真実を知るなら体臭クリーニング」という世間的な評価を確立しておかねば! そうだ。「体臭クリーニング」も商標権登録しておこうっと!

-体臭博士への道のり

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2019 All Rights Reserved.