体臭の原因 体臭の種類

【噂の真相を解明】肉ばかり食べている人は体臭がキツい!?

 

お肉ばかり食べると体臭が強くなる?

前回の食べ物の話は、かなりマニアックな内容だったと思いましたが、なかなか好評でした。食べた物が臭いに関係するということの仕組みがよく分かった、という意見が多かったとか、全然なかったとか??? という事で、今回も食べ物と体臭のお話です。

みんな大好き、お肉の話です。体臭を気にする人は、「お肉を控える」とよく口にします。けれど良質なたんぱく質を摂ることは、体臭に悪いわけではありません。勿論、ケースバイケースですが。

さて、なんでお肉を食べると体臭が強くなるように感じるのか? 個別の体臭タイプは置いといて、まずは総論から。

 

タンパク質を消化するには、大量のエネルギーを消費する!

お肉にしろ、大豆製品にしろ、プロテインにしろ(あ、これも大豆製品ですか…)、いわゆるタンパク質を消化するためには、胃液のある成分が必要でしたね。覚えてますか? そう、ペプシンです。まあ、覚えてなくても良いですけど…

さて、タンパク質を消化、つまり吸収しやすい形にするためには、大量のエネルギーを消費します。どうやってエネルギー消費量を測るのかと言うと、「食事誘導性熱代謝」という指標があるそうです。管理栄養士さんなんかがよく使う用語ですね。私は、まだ数回しか使ったことないですが。この食事誘導性熱代謝を比べてみると、脂質は約4%、糖質は約5%、タンパク質は30%だそうです。なんのこっちゃ、と思うでしょうが、つまりは、タンパク質を消化するためには、体温も上がるし、汗も出る、という事です。焼き肉屋でカラダが熱くなるのは、焼いているからだけじゃない!という事ですね。

そう言えば、大食い選手権を見ていると、司会者が肩甲骨の間の手を置いて「スゲ―食事誘導性熱代謝が起こってるぅ!」とか、言いますものね! アレ? 見たことありません? 昔の話ですけど…

さて、そういう訳で、タンパク質を消化するためには、体温が上がり、汗も出ます。衣類にニオイ物質が大量に蓄積している方の場合は、体温が上がれば、蓄積臭が大量飛散して体臭が強くなる、と言う現象が往々にして起こる。これが総論の1。

 

タンパク質分解の過程でアンモニアが発生する

アンモニアは、非常に一般的な物質です。窒素1個と水素3個あれば簡単に作られます。それは、体内でも表皮でも同じ。まだまだ勉強不足で、体内のアンモニア生成が細菌由来なのか、酵素由来なのか、定かでは無いのですが、タンパク質を分解するさいにアンモニアが発生します。本来、消化器系で発生したアンモニアは、腸肝循環の血液に乗っかって、肝臓に送り届けられて、そこで尿素に変換され、尿として排泄されていきます。しかし肝臓や腎臓の負担が大きかったり、リーキーガットを含む腸の不調で、直接血流に乗ってしまい、全身を駆け巡る場合もあります。そうなると、アンモニア臭の強い体臭になります。コレが総論の2。

特に夏場には多いようですが、老若男女問わず、アンモニア臭い体臭の人が、今年は特に多いようです。みんな、お疲れなんですね。と言うのも、アンモニアが血液に乗ってしまうのは、内臓が疲れている証拠。内臓が疲れるのは、肉体疲労やストレス、睡眠不足が原因。

うちのユーザーさんは、体臭で悩んで夜も眠れない、と言う人が多いのですが、そういう人には、睡眠導入剤を使ってでも最低6時間以上寝なさいと指導します。でないと、別の、アンモニア系の体臭も併発してしまいますので。

 

お肉の種類、何が体臭に良い?

さて、良質なたんぱく質を摂ることは、身体に不可欠な事。さりとて、体臭は気になる。色々な種類のお肉の中で、何を食べると体臭に影響が出にくいのでしょうか?

こういう風に、質問箱なんかで聞かれます。答えは

検査をしないと分かりません。

です。これホントなんですゴメンなさい。例えばアンモニアを含む窒素系の物質が原因で体臭が強いのならば、牛肉は避けた方が良いでしょう。ところが、過酸化脂質系で体臭がヒドイ場合は、体内pHを調整することが一番大事になります。一般的に、アルデヒドや脂肪酸系の物質で体臭がヒドイ人には、鶏肉、豚肉より、牛肉の方が良いのです。何故かというと、牛肉の方がアルカリ性の度合いが低く、それを食べた時の中性回復度合いも低い。つまり、体内pHを調節しやすいのです。

体臭検査では、体表のpHを測定します。これは分泌物測定なので、正確とは言い難いですが、それでもユーザーさんによって、pHバランスは、物凄く差があります。このpH数値は、だいたい、分泌物種目で予想がつきますし、合致します。つまりは分泌物分析と表皮(と言いながら、表皮と接触していた衣類)のpH測定を考え合わせることで、大まかな体内pHも予測出来ます。まあ、何より、体臭タイプで判っちゃいますけどね。

ということで、アナタの体臭タイプやpH状態によって、食べて悪いお肉、良いお肉が変わってくるということになります。

それでも、牛、豚、鶏の3種類しか、中性回復度合いを知りませんので、ワニや雀、カエルを常食している人の場合は、よく分かりません。今回はここまで。

 

-体臭の原因, 体臭の種類

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2020 All Rights Reserved.