体臭の原因

更年期障害と体臭は関係がある!?ノナナールから見る女性体臭の変遷

更新日:

更年期と体臭

体臭検査ユーザーさんの総数が1500人を超えました。1500人を超えるか超えないかということは、ある意味非常に大事な点だったのですが、それはなぜかというと…日本人の人口(約1億2700万人)を対象に何らかの統計的数値を得ようとする時、必要なサンプル数が1500だからです。1500人分のデータがあると、日本人全体にとっての様々な「信頼できる答え」を得ることが出来る、と。

つまり当社で資料として保有している皆さんの体臭検査のデータをシッカリ調べていくと体臭についての日本人の傾向が見えてくる、ということ。

もちろん、これは全世代、男女合わせての統計であるので、例えば20代女性の細かな体臭傾向の数値を得ようとする場合、1500件の20代女性の体臭検査ユーザーデータが必要になる…ので、それだけのデータが揃ったら、もっと面白い年代別性別の情報をお知らせします。今は今で、日本人全体について考察する、事にします。

統計って面白くて、例えば500万人の統計数値を得ようとするときのサンプル数は1500サンプル、1億2700万人の統計数値を得るときに必要なサンプル数も1500サンプルなのです。1500サンプルがあれば、要求精度3%・信頼率98%の精度でデータが取れるのです。このことの意味とは、ある数値があって、その数値のプラスマイナス3%の範囲内に98%のサンプルが含まれる、ということになります。

だから日本人の何らかの「信頼に足るデータ」を取ろうとする時、ランダムに1500サンプルを取れば良いということになります。普通、どんなものでも全国調査を行う時、そのサンプル数は1500を目安にしています。

ノナナールは誰でも検出される。だから全人口的な傾向が読める。

1500件のデータが揃ったところで、日本人の体臭傾向をいろいろ調べて、それをプレスリリースしていくことにしました。それが昨年11月。さて、資料はあるが何から手を付けていこうか…1500人の内訳は男性が613人、女性が887人、やっぱり女性の方が多いか…まあ女性のデータを見て特に感じるのが、ノナナールの分泌量の多寡が極端であるってこと。これが多いと女性的な加齢臭になりやすい。女性の加齢臭がどういうモノかというと、良いタイプの香り付けのしていない化粧品の様なニオイ。おしろいとかドーランとか思い浮かべてほしい。少し重苦しい油臭に汗臭が混ざったと言えばよいのか…男性加齢臭の場合は、青臭さ(もっと言えばカメムシ臭)が混ざる油臭と言ったタイプ。だいぶ違うけれど、基本にあるのはどちらも油臭なんですね。

さて、そのノナナールの平均分泌量を見てみると、男性に於いては30代(つまり代謝が活発で尚且つ皮脂が出やすい年代)がピークになりますが、10代~60代までの各年代で、それほど多寡(多い少ない)の差がありません。

対して女性に於いては20代まではあまり多い分泌量ではなく、30代で急激に多くなり、40代でピークを迎えます。そして50代・60代でぐっと減っていきます。

基礎体臭物質分泌と女性の更年期障害の関係

不思議ですね。なんでそんなに男女の違いが出るのでしょうか? ノナナール平均分泌量の推移は、体臭クリーニングサイトトップニュースの1番下「女性の加齢臭の原因はノナナールの過剰分泌」を参照ください。下記URLから行くことが出来ます。

しかし、いろいろ考察していくと、それほど不思議ではないとも思えます。何が関係しているのか? まだ考察段階ですが、ひょっとして「女性更年期障害」が関係あるのかも…

更年期障害って、何? とおっしゃる方も多いと思います。いや、言葉自体は知っているし、自分も今現在その状態だし、とおっしゃる女性も多いでしょう。また最近は男性の更年期障害って話も取り沙汰されている今日この頃…

まあ今回は、女性のノナナールの平均分泌量の変遷を考えていくわけですから、男性は省いて考えていきましょう。

女性のライフステージ、つまり女性の体の状態を考えていくときの「状態」というか「ステージ」は、以下に分けて考えることが出来ます。

  1. 月経を迎える「思春期」
  2. 月経が順調にある「性成熟期」
  3. 閉経を迎える「更年期」
  4. 閉経を終えてからの「老年期」となります。

まあ、女性は子供を産める体であるかどうか、ということで体の中の状態、もっと言えばホルモンの分泌が大きく変わってくるということになります。ホルモン分泌の内容が体の状態に大きくかかわってくるということですね。

まだまだ、話は続きます。次回、もう少し「更年期障害」のことを勉強して、その後、体臭への影響を考えていきましょう。

次回へ続きます。

 

-体臭の原因

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2019 All Rights Reserved.