体臭と病気 体臭の原因 話題の体臭

その食べ物危ない!体臭がキツクなる原因【魚臭症の真実】

更新日:

以前にこの魚臭症に関する記事を書いてから、非常に大きな反響を呼んでおり、多くの方から魚臭症かどうか調べてほしいという体臭検査のご依頼や質問をいただいております。

この記事を書いてからさらにいろいろと魚臭症について分かってきたことがあるので、新たに「魚臭症のメカニズム」について記事を書きました。よろしければこちらもご覧ください。

テレビ番組は誤解を招く!

少し前、えーと、8月22日でしたか。中居君と鶴瓶さんが司会している21時からの番組、なんでしたっけ? 仰天ニュースでしたっけ。トリメチルアミン尿症を番組で取り上げてくれました。私はこのようにテレビで体臭のことをやってくれると、多くの日本人が体臭の強い人への理解が深まると信じているので嬉しいんですが、正しいことをしっかり伝えてもらいたいと思いながら、常々見ています。

イイエ、「ザ!世界仰天ニュース!」の番組の中で正しくないことを伝えていたわけではないんです。ただ、ミスリードというか…

というのも、ずっとトリメチルアミン尿症(魚臭症)のことをやっていて、途中で「体臭が強くなる食べ物」というパートがあって、専門家らしき人が解説していたんですが、その中で「アブラナ科の野菜は体臭を強くする」という場面がありました。

トリメチルアミン尿症かどうかが肝心。

その番組の流れで知識のない人が見れば、アブラナ科の野菜を食べると生臭い体臭が強くなると考えてしまう、という危惧をしたわけです。私なりに…

まあ、体臭を気にしない人の方が多いはずですから、番組を見て、「ああ、アブラナ科の植物を食べなければ、体臭は強くならないんだな。食べるなら加熱すれば良いとも言っているしな」となるなら、それはそれで構いません。

しかしながら、いつかのブログに書いたように、トリメチルアミン尿症でないのに若干の生臭い体臭がある人は、それこそたくさんいるはずです。これはトリメチルアミンが原因で生臭いニオイを発散しているわけではなく、その他の原因で(例えば衣類や体表の蓄積臭や表皮雑菌関与臭等)生臭さのある体臭が出てしまうというケースのこと。というより、生臭さで悩んでいる方の大半がそのケースです。

そういう人が、「ああ、昨日食べたキャベツのせいで生臭いんだな」と思ってしまうと、これは、間違い。いくらその後キャベツを食べない生活を続けていようとも、やっぱり生臭い体臭が出てしまう、という事になります。

実際、トリメチルアミン尿症であり、トリメチルアミン分解酵素である「フラビン含有モノオキシゲナーゼ」が欠損している或いは働きが低下している場合は、アブラナ科植物に含まれる「コリン」という栄養素からトリメチルアミンが生成され、それが肝臓で分解されずに体臭として生臭さが発露します。けれど前述の通り、トリメチルアミン尿症だけが生臭い体臭の原因ではないし、むしろそれはごく僅かのレアケースです。

腸内細菌は組み換え上手

だから、ミスリードしてほしくない、と私は言うんです。意識してミスリードしているわけでは無いのだろうけれど、むしろアブラナ科の植物で問題になるのは硫黄系物質。それがモワッとするタイプのワキガ臭を強める可能性が高い、という事です。

まあ、私の所で検査すれば、アナタのカラダから硫黄系物質が出ようが窒素系物質が出ようが、単なる過酸化脂質で臭かろうが、たちどころに分かります。自分の体臭には順応が働いて、自分ではわからない、ということを番組でやってくれたのは、幸いでした。ホントに順応って恐ろしい…

それはさておき、腸内に居座る悪玉菌の話を何度もしていますが、こいつらは硫黄系物質や窒素系物質を摂り込んで、より嫌なニオイの物質にして排出します。善玉菌はというと、そういう物質はスルーして摂り込んだりしない。そこが大きな違いですね。

前述のように組み換え上手な悪玉菌と言えども、錬金術師じゃないから、元素を作り替えることは出来ない。鉄や鉛を変換し金を作ることが出来ないように、腸内にある酸素や炭素や水素をどう組み替えても、窒素や硫黄には変換することが出来ない。もちろん、色々な食材の中には、窒素や硫黄も含まれているけど、それらをニオイ物質の骨格として使えるほど身近に、つまり腸内に置いておかなければ、そういう特別にイヤなニオイは生成されにくいという事。

だから、ある特定の元素が絡む体臭、例えば、おならや温泉のようなワキガ臭であるとか、猫のオシッコのような体臭とか、生臭さとかの特殊な体臭については、摂り込む食物をコントロールすることが、すなわち、体臭をコントロールすることになります。

 

忘れていた…アブラナ科の植物の事

いつも脱線して申し訳ありません。アブラナ科の植物について、もう少し。

アブラナそのものを食べると割とよく分かるらしいのですが、アブラナ科には硫黄系化合物が多く含まれてます。というのは前述の通り。私はアブラナそのものを食べたことない(と記憶している)ので分からないけど、硫黄系のニオイがするんでしょうね。硫黄系物質のニオイの特徴は、硫黄臭い、温泉クサイ、ゆで卵クサイ、タマゴの腐った臭い、玉ネギクサイ、ネギ臭い、おならクサい等です。便クサイはまた別。どちらかというと窒素系物質があの独特のニオイの骨格になっています。

そして種類としては、ブロッコリー、キャベツ、白菜、カリフラワー、大根などです。ブロッコリーやカリフラワーは意識して遠ざけることは出来るけど、大根、キャベツ、白菜は、日本人の食卓に欠かせないモノですからね。どうすれば良い?

まあ、体臭を気にしない人なら、普通に食べて体臭に影響は出ないと思います。しっかり消化酵素が働いていて、大腸に悪玉菌があまり居ない、という事が条件ですが、ニオイの無いまま、大腸に押し出され、便となっていくでしょう。

特に硫黄系ワキガに悩んでいたり、おなら臭いとか言われる体臭を持つ人は、食べるなら加熱してから食べるようにしましょう。それと食後8時間までが発露のリミットです。だから怪しい食材を食べるのなら休日前に限ります。それもデートの予定の無い休日の前…

それと、人間って不思議なモノで、たまたま食べた物のせいで体臭が変わる時があります。たまたま、キャベツを食べ過ぎて、硫黄っぽい体臭が出る時もあるかも知れません。けれど、それがずぅっと続くヒトは、あまり居ません。一度や二度「お前、おならしただろ!」って、おならをしてない時に言われて、それをずぅっと悩んでいる人も、たくさんいます。私の所にもたくさん来ます。

一度や二度、そんなこと言われても気にしない事。心配なら、当社で物質分析すれば、一撃で判りますよ! お待ちしています。

-体臭と病気, 体臭の原因, 話題の体臭

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2019 All Rights Reserved.