ワキガ 体臭について

臭う汗と臭わない汗の違い「アポクリン腺とワキガの因果関係」3

臭う汗と臭わない汗の違い

前回と前々回でエクリン腺のお話をしました。汗腺(皮脂腺でもありますが)にはエクリン腺の他にアポクリン腺というものがあります。
アポクリン腺というのは、人間という種では退化していて、それが発達する場所は決まっています。じゃあ、動物にもアポクリン腺があるの? という質問はしないでくださいね。私にはわかりません(笑) 次回までに調べておきますね。(前回・前々回の記事は下記リンクからどうぞ)

さて、アポクリン腺は人間のどこで発達するのか? わきの下!と誰でも答えるでしょうが、他に乳首周辺や副乳周辺、耳の中、陰部や肛門周辺、アンダーヘア部分、おへその周辺と、人によって様々です。

どれくらいの人にアポクリン腺があるのか?

アポクリン腺の場所

実はアポクリン腺があるという事とワキガがあるという事は全く一緒ってわけではありません。つまりはアポクリン腺があってもワキガ臭が無い、という人もいます。しかしながらワキガのある人は確実にアポクリン腺があります。なぜかというと、ワキガ臭特有のニオイはアポクリン腺で醸成されるから、です。

さて、日本人のうち、アポクリン腺がある人の比率はどれくらいか?

10%~15%と言われています。

黒人種ではほぼ100%となっていて、白人種でも70~90%、中国人では3~5%くらいと言われています。中国人が「一番体臭が少ない人種」と言われているのは、この数値を基にしている話だと思うのですが、これはあくまでアポクリン腺の保有率にすぎません。前回、前々回で勉強してきたエクリン腺については、暑い地域では数が多く、寒い地域では数が少ないというのがホントのところです。つまりエクリン腺からの汗に含まれる臭気物質や皮脂として皮脂腺から出てくる臭気物質はアポクリン腺の保有率に関係ない。

ワキガ臭人口を比べれば、確かに中国人が一番少ないでしょう。これはアポクリン腺保有率に左右されますからね。けれど「体臭全体」で考えれば、そんなことは無いと思います。食べ物やお風呂の回数、お風呂の入り方やライフスタイル等、全てが「血液の中に含まれる臭気物質の質や量」に関係してくるわけですから。

日本人のワキガ臭人口は?

外国の人は私のブログを読むわけではありません。だから、外人との比較はもういいでしょう。話を日本人だけに絞りますね。

さて、日本人のワキガ臭の比率はどれぐらいでしょうか? 久しく5%と言われていました。実地に調べたわけではないし、第一、アポクリン腺の有る無しのように目で見えるわけではないニオイの問題です。仮に誰かが調べたとしても正確な答えは出ないでしょう。けれど、現在は10%を超えていると私は考えています。

最近、昔の部下で未だにブライダル衣装のメンテナンスを行っている部下にあった時に「ワキガ臭の衣装って増えている?」と聞いたところ、「もう5年位前から増えたままだよ。20%に近いんじゃない?」と返事していました。まあ私がその事業をやっていた時の印象でも10%は軽く超えていたと感じていましたが…いくら何でも20%は言い過ぎだと思います。まあ、彼は私がいなくなった後はひたすらニオイ処理ばかりしているから、自分の仕事が大変なんだと暗に仄めかしているのだと、つまりは私にイヤミを要っているのだと、取っておきましょう(笑)

しかし、レンタルのブライダル衣装は短い時間しか着用していないので、そこでワキガ臭移りがある、というのは、まず、10%以下だとは私は思っていないのですが、真相は分かりません。体臭を気にしていない人も含めて無作為に1500人選んで体臭検査させてもらえば確実にわかるのですが… 今は一般的に言われている5%としておきましょう。

ワキガ臭があったということは、つまりはアポクリン腺がある、という事になるのですが、そのニオイがいつも発露している、ということとは別問題です。つまりは短い時間だったけれども、緊張の極みがニオイ発露に繋がったという事もありますからね。普段は第三者に伝わるようなワキガ臭は発露していないのかもしれない。

また、ワキガ臭の自己認識率というのは51.7%です。これは体臭検査ユーザーの実績ですから間違いありません。約半数の人は自分さえ知らない隠れワキガということになります。

10%を超えるワキガ臭保持率が正しいのか、5%が正しいのか? もし5%だったとしても日本人のうち、600万人以上はワキガ臭がある、という事になります。一方、アポクリン腺保有率は1200万人~1800万人となります。

ワキガ臭がある、という事がマイノリティーと言えない、現代の日本の情勢です。
次回に続きます。

 

ワキガ専門検査はコチラ

 

-ワキガ, 体臭について

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2020 All Rights Reserved.