会社と体臭の関係 体臭の相談

【スメルハラスメント】ヤフコメ欄から見える体臭の真実2

2017年6月29日

体臭問題が存在する会社…どれだけあるの?

前回に引き続き、弁護士ドットコム配信「同僚の体臭に耐えられず、頭痛や吐き気…通院費用の請求は出来る?」という記事について。今回は、全国のヤフコメユーザーから寄せられているコメントをつぶさに検証していきます。

その前に、私の所では「スメルハラスメントセミナー」を行っています。企業内で体臭の問題があり、ギクシャクした人間関係の是正を求めるケース、これは女性社員さんからの問い合わせが多いです。或いは、どうやら社員の体臭をお客さんが嫌がっているらしいから何とかしたいというケース、これはもちろん、経営者さんからの問い合わせとなりますが、多いです。

1時間程度の講義で、基本的に体臭を発散する社員さん、同僚の体臭で苦しんでいる社員さんの双方の参加が条件。体臭についての基礎知識、なぜ周りの人は感じるのに本人が気づかないのか、どうすれば体臭を軽減できるか、周りはどう対処するべきか、等について、通常は1時間の中で講義致します。

体臭がある人をつるし上げるようなことは致しませんので、安心してお気軽にご相談下さいね。

さて、そういう会社が数限りなくあります。経営者の方が知らないところで、結構企業の根幹を揺るがす問題が発生…しているかも知れません。

言われた方も故意にしているわけじゃないから傷つけてしまいそう…訴えられてうつ病にでもなったら…

これは一番「そう思う」が多かった意見で、1249もクリックされてました。(6月25日10時時点)確かに訴えるというのは、少し違うと思います。まずは会社の対応ですよね。会社として何が出来るのか…解決方法の提示も無しに「体臭を何とかしろ」というのは、パワハラと捉えかねられません。だから専門家に任せるのが一番。私なら本人に最適な改善法を携えて、お伝え出来ます。

香水は?

この投稿も多くて、1番目と2番目の投稿に言及がありました。香水を使いこなしている日本人はなかなかいませんよね。過剰につけ過ぎて「クサイ」と思われる人が大半ですし、体臭のタイプに合わない人も多い。例えば刺激感のある体臭、ワキガで言えばスパイシータイプですけど、PATMの人も含めて、そういう人が柑橘系やソリッドなタイプの香水や香りの製品を使うと、体臭、というより刺激感を増長してしまいます。

またフレグランス剤や柔軟剤の安っぽい香りも同じく、体臭をミスリードしたり、洗っても落ちないから定着させる成分や飛散を助ける成分の蓄積で、周りの人の反応を促す結果になります。

単純に「香水強すぎ!」と言ってしまえば、それまでですが、そうするには香水をつけている人の体臭に対する意識も鑑みてお伝えしなければならないケースもあるので、あまり考えなしに言わない方が良いと思います。

自分も他の同僚も困っているのに本人は知らん顔。上司も言えないらしい

これも「そう思う」が1000を超えてました。体臭の問題がある人にアピールするためにマスクをしたり、空気の流れを工夫したりと色々やっているけれど、本人は気づかない。と言ってますが、多分、本人は気づいているでしょう。ただ、どうしようもないし、暗くなっては、それも迷惑だろうし、そういうことに負けたくない自分もいるし、というところだと思います。ホントに気が付いてないのなら、私が優しく代弁しますし、色々やっても効果が無いならしっかり指導します。

会社では気丈に振る舞っている、という子もたくさんいます。全てが円滑に進むためには、彼女(彼)がそのことを知っていて努力している、という事実が必要ですし、そのことを、周りが受け入れるということも必要なのです。

上司にしてみても体臭の話は、自分では言えないでしょう。誰でもそうだと思います。前記のように解決方法の提示が無い状態でのその話は、単なる叱責で済まず、パワハラ問題にすり替わっていく可能性があります。体臭は人によって千差万別。解決方法も多岐に亘ります。

飲食店で強烈な体臭の子が居る。あの店、大丈夫?

これも500以上のクリックがあり、自分の所の社内問題ではないですが関心の高い問題のようですね。私も職業柄、何処へ行っても人の体臭を感応してしまいます。それがセルフオートメーションだから困ることもあります。だけど、素人さんのように「クンクン」しないのが自慢。普通にしてても、だいたいの物質バランスまで分かります。

そんな自慢話は置いといて、やはり飲食店での体臭問題は、お客さんにとっては、結構イヤなこともあります。ナゼそう思うのか分かりませんが、よく有るケースのようで、うちのユーザーさんでも、店主には何も言われなかったけれど、お客さんにヒドイことを口汚く言われた、という方もいらっしゃいました。汗をかきやすい職場なので仕方ないと思っている飲食店のオーナーさんは、気を付けた方が良いです。香りで誤魔化さない、瞬間的(但し短時間)に解決できる方法がいくつもありますので、ご相談ください。

 

長くなりました。もう少し続けたいと思います。次回も続きということで。

 

 

-会社と体臭の関係, 体臭の相談

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2020 All Rights Reserved.