体臭博士への道のり

「体臭博士」への道のり【その5】

更新日:

5つの体臭グループ

体臭の有無・強弱に関わらず、ご自身の体臭で悩まれている方は、前述の通り、たくさんいらっしゃいます。ひとつ、ご自身の体臭をどう感じているか、或いは他人にどんなニオイと指摘されたかについて、過去の文献や投稿からピックアップして羅列してみましょうか?アナタにもどれかに当てはまるかも知れません。あまりたくさんあるので、順不同です。

体臭の種類

「ゴミ捨て場のニオイ」「獣クサイ」「便臭」「アンモニア臭」「下水臭」「生臭い」「機械油臭い」「オリーブオイルのニオイ」「焦げ臭い」「どぶの様なニオイ」「腐敗臭」「玉ネギクサイ」「生理のニオイ」「玉ネギの腐った臭い」「しょっぱい油が腐ったようなニオイ」「おならのようなニオイ」「すえたニオイ」「とにかく汗臭い」「南国フルーツのような甘ったるいニオイ」「ゆで卵のニオイ」「おじさんクサイ」「小便クサイ」「酸っぱいニオイ」「貧乏クサイ」「塩素みたいなニオイ」「魚クサイ」「腐った魚のニオイ」「肛門みたいなニオイ」「イカ臭い」「納豆の様なニオイ」「乳クサイ」「「甘臭い」「不思議なニオイ」「何日もお風呂に入ってないようなニオイ」「老人の様なニオイ」「ヨーグルトクサイ」「ヨーグルトのホエーのようなニオイ」「甘いチーズのニオイ」「石油製品のニオイ」「パクチーの様なニオイ」「チーズクサイ」「牛小屋の様なニオイ」「パクチーの様なニオイ」「ろうそくのニオイ」「古本のニオイ」「かび臭い」「にがじょっぱいニオイ」「カメムシの様なニオイ」「埃っぽいニオイ」「苦みのあるニオイ」「酸化した油のニオイ」「豚肉の脂のニオイ」「タケノコクサイ」「温泉クサイ」「硫酸クサイ」「鉛筆の芯のニオイ」「屍臭」「硫黄クサイ」「腐った材木のニオイ」「乳製品が腐った臭い」「ネギのニオイ」「茹でたキャベツのニオイ」「古いプラスチックのニオイ」「青臭い」「キュウリ臭い」「部屋干しのニオイ」「錆びた金属のニオイ」「バターのニオイ」「銀杏のニオイ」「厨房の様なニオイ」「雑巾クサイ」「ゲロのニオイ」「クミンのニオイ」「スーパーの入口のニオイ」「昔の整髪料のニオイ」「ヤギ臭い」「運動部の部室のニオイ」「磯のニオイ」「猫のおしっこクサイ」「濡れた犬のニオイ」「ソバの花のニオイ」「粘土のニオイ」「純石鹸のニオイ」等々

今思いつくだけでざっと90種類以上あげられました。

さらに詳しく解説しているページがありますのでこちらもご覧ください。

あまり想像がつかないニオイも出てきますね。それにしても日本人のボキャブラリーの豊富さには驚かされてしまいます。しかし同じ日本人なのに、どうしてこんなに豊富なバリエーションの「体臭」があるのでしょうか?

体臭のバリエーションが多い理由

それは、それぞれのニオイを構成する「ニオイの原因物質」が違うからです。例えばタバコのニオイを考えてみると、もちろん銘柄で臭いが変わります。これはブランドごとの香り付けが違って、それに起因する問題もあるのですが、やはり産地やその葉っぱに含まれる成分で変わってくるようです。ちなみにタバコは、実に2000種類ものニオイ成分の混合であのような臭いになるのだそうです。ですから、葉っぱより複雑怪奇な組成の人体では、もっとたくさんのニオイ成分が発散或いは生成されるのだから、様々な体臭があってしかるべきでしょう。

だからと言って、体臭で悩む人たちに諦めろという訳ではありません。人間には人間特有の好みや感知濃度があって、つまりは、「第三者が不快と思うニオイを選択的に解決する」ことが出来れば、体臭で悩む人の力になれるということです。でも、言うのはカンタンですが、いったいどうやって「人が嫌がるニオイ」を選択して「それを無臭化する」のか、という難問を解決すれば良いのでしょうか?

まずやるべきこと

最初に行うべき作業は、「どんなニオイのタイプは、どんな物質が原因になっているのか?」を突き止めるということでした。過去の文献で詳らかにされている体臭の組成を精査して、それらの悪臭物質を手に入れ、様々に混合して人体から発生すると思われるニオイの再現を試みました。この点では、私たちの過去の経歴が大変役に立ちました。1万人分もの衣類の消臭を手掛けてきたので、例えば「35歳男性の一般的な体臭のタイプ及び強さ」と言われれば、すぐにニオイが思い浮かびます。これに付いては、過去の文献も全くあてにならず、自分たちの鼻だけが頼り、という場面も多くありました。つまり、「この成分とこの成分(×10数個)をこの比率で混合すれば、40代男性の加齢臭に近い疑似物質が作れる」と書いてあってその通りに作っても、全く希望通りのニオイにならない、ということが何度もありました。(決して過去の研究者を蔑ろにするつもりではないのですが、きっと実際の体臭のサンプル収集が足りなかったのではないかと思ってます)

そんなこんなで私たちは、体臭検査のアプローチ方法確立の第一歩を歩み始めました。

体臭クリーニングはコチラ!

-体臭博士への道のり

Copyright© ニオイ博士の体臭に負けるな!ブログ , 2019 All Rights Reserved.